春の花粉症

例年にないくらい猛威を振るったインフルエンザが鳴りを潜め、ようやく外来も落ち着いてきたと思っていましたが、今度はくしゃみ・鼻水・目のかゆみ・・・花粉症の襲来です。

特に今年は花粉の飛散量が多いらしく関東から東北は昨年の3-4倍、その他の地域も1.2-2倍だそうです。

漢方では花粉症は水毒が関わっていると考えられ、水が多く冷えている人は花粉症になりやすいと言われています。

一般によく使われる処方は温めて水をさばく”小青竜湯”なのですが、冷えやむくみが強い場合には“真武湯”を混ぜたり、冷えだけでなく花粉量が多くなる場合は”麻黄附子細辛湯”を足したりします。

虚証で麻黄を含む製剤が飲めない場合は”苓甘姜味辛夏仁湯”や”五苓散”に変更して花粉症に対応することもあります。

また実証で花粉の影響が強い場合には小青竜湯を”越婢加朮湯”に変更したりすることもあります。

さらに花粉症で鼻水以外に困る症状は鼻詰まりですが、そんなときは”葛根湯加川きゅう辛夷”を混ぜたり、駆お血剤である”当帰芍薬散”や”桂枝茯苓丸”などを併用したりと様々な処方の組み合わせによる治療法があります。

眼の症状だけ強い場合は“明朗飲”といった目の充血を鎮める処方もあります。

西洋薬では抗アレルギー剤ロイコトリエン拮抗薬を中心にした処方になるようですが、薬が強くなるにつれ薬の性質上眠くなったり、怠くなったりする方が多いようです。

漢方薬は眠気成分なく、麻黄を含む処方はむしろ目が冴えるようになるため、寝る前の服用は注意が必要になるくらい眠気が起きることはありません。

漢方薬は西洋薬の副作用で眠くて困っている方には大変役に立つと思われますが、今年のように花粉の飛散量が多く、花粉による症状が非常に強い方は"西洋薬だけ"や"漢方薬だけ"では症状が上手く落ち着いてくれない場合が多くあります。
西洋薬と漢方薬の併用で眠気を抑えつつ抗アレルギー作用を強めて対処するような形で辛い症状を無くす方がこともあり、薬の東西に拘らず治療していく事も必要になってきているようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック